炭のお使いの皆さまへ(注意事項)


これは、バンバン売れるセミナーで練習で書いたけど皆さんから
ダメ出し思いっきり沢山された手紙の下書きです。 恥ずかしながら公開します。
——————————————–
拝啓
神鍋白工房ののお使いの皆さまお客様へ

正月より寒波が続きますがいかがお過ごしでしょうか。
最近、お客様よりいろんな御意見頂きました。良い面悪い面有ろうかと思いますが
恥を忍んで紹介します。

まず最近、お叱りの意見として頂戴したのは、炭が爆ぜ爆竹の様に危ない。
との事でした。
室内では危ないので外で火熾ししているそうで、そのお客様へはすぐに交換商品を
お届けし様子を見ていただきました。

性質が若干異なる手合いものを代替にしましたので大丈夫であったようですが
交換で持ち帰った商品を当方で熾してテストしてみるのですが少し爆ぜるものは
6ケースのうちの1ケースだけありました。

原因を考えてみますと、どうも何らかの原因で炭が湿気った感じのようでした。
あとは、炭になる原木の木の中ではどうも爆ぜやすい物もあったようです。

当方ではほぼ毎回出来た炭の燃焼テストをしております。
窯の中にもいろんな木が入るわけですし全部を熾して見るわけにもいきません、
炭焼きの目であやしげなものが有ればそれも必ずテストしています。

ですから、窯から出てきて出荷前には爆ぜないので、生産された後の当方の保管状況、
お客様の保管状況で起きたのかもしれません。
冬場には湿気り易いのかもしれません。夏場には一件も爆跳クレーム
はありませんでした。
爆跳は炭の細孔が目詰まりしていて熾す際に一気に熱で空気が
膨張して起こります。木の状態で目詰まりしていたり湿気で目詰まりしているわけです。
ガスバーナー等で急激に熱するのも爆跳の原因の一つになります。

炭のつける場所も1本物の中心部をあぶると爆ぜやすく、端っこをあぶって着火する方が
安全だとも思います。

そして神鍋白炭工房の炭は特徴として他社さんの炭に比べて細孔というミクロの穴が
大きくあいており吸着性能に大変優れている反面、湿気る場所には湿気をよく吸着する
という弱点がどうも考えられます。
どうか、我が工房も原木の状態のチェック、炭の焼け具合のチェックはします
お客様におかれましても保管場所の注意を宜しくお願いいたします。

別の御客さんでお叱りの意見も頂戴しました。
炭が熾りにくい、熾りかけた炭をコンロに入れてお客さんの前で消えてしまう。
という事です。

これも、すぐに熾り易い炭を代替にお届けして、お客様の前で燃焼テストして
お好みのものに近づけたようでした。以前にはもっと熾り易い性質の炭を買われていた
ようでした。
やはりクレーム品を帰ってから燃焼テストしたところ、少し精錬が出来過ぎていて
締まった炭になり過ぎている感で、プロの当方でも熾すのに手間取る炭でした。

これにつきましては、備長炭がこういった炭ですが、一般的な業務店さんには
使いにくい炭のようです。
このような場合、製品の等階級格付け時に区別して行こうと思います。
じつはこのような炭が好まれる御客様もおられますので。

このような皆様の貴重なご意見で炭の品質が良くなっていくと思います。
遠慮なさらずにどんどんご意見ください。

炭の好みも様々、炭器具も様々ですよね。当方は何も御指定なければレギュラー商品が
出荷されます。ですが、好みに合わないケースが多いです。されどお好みの炭が必ず
ご用意出来ます。目合わせを繰り返し炭がお好みの物に近付けるようお互いで
繰り返させてください、あなた様のベストマッチな炭を一緒に作りあげましょう。

最後に御誉めの御意見も紹介します。
ご飯の炊飯用の炭を商品化しておるのですが、見本を各方面に配ったところ
ご飯がものすごく美味しく炊けるとの喜びの声がたくさん届いています。
あまり美味しく炊けたので感動して別に生活している子供たちや兄弟の所にも
送って上げたいと20本まとめ買いされる方もありました。
たかが炭ですが、わずかな出費で満足していただけるようです。
また機会ありましたら是非お勧めしますので御用命くださいませ。

冬もまだまだ続きますが、お体に気をつけてくださいませ
                                  敬具
                  神鍋白炭工房  田沼光詞
———————————
悪い面を必要以上に出し過ぎ!とか文章が長すぎるとか…専門用語が多すぎるとか
読めない字が有るとか。

結果実際に出す手紙はコンパクトバージョンで出します。

神鍋白炭工房、白炭の通販へはこちら
僕らの地球に負荷の少ない優しい生活、自然を愛する心…もっと広がればいいな☆ 
 ↓↓  (一日一回有効)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへにほんブログ村     神鍋白炭工房HP
楽天ブログ:炭焼きは地球を救う…
Facebook Comments

神鍋白炭工房-INSTAGRAM

2010年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

FACEBOOK PAGE

お電話なら 080-5367-5499

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    メッセージ本文

    ご希望内容をチェックしてください。

    炭のミクロの世界

    炭

    最近の記事

    1. 災害木処理
    PAGE TOP