生き抜く力養成キャンプ-焚き火を熾して仲間と囲むそして探してきた食材を料理する。

生き抜く力養成キャンプ
-焚き火 を 熾して仲間と囲む そして 探してきた 食材を料理する

昨今、予期せぬ災害 に見舞われる ことがある。そんな時に今まであった 常識が覆される。
電気、ガス、水道の ライフライン があるとは 保証 されない。そんな中 誰かに 責任転嫁して待っていても生きていけない。そう、生き抜く力を養成 しなければ 命が守れない のである。家族が守れない のである。

そういった事がいつ起こっても、また起こらなくても 現場力 をつけることは 社会に生きていく上で必要ではないだろうか。企業人に とっても生き抜く力、現場力、人間力 は 必要不可欠。
僕ら 五感 を通じて 何かを感じ,学ぶ取組み, 防災訓練 をいま定期的に仲間と遊び を通じてやっている。

生き抜く力養成キャンプ 今回は基本的に ブッシュクラフトの基本 である 火を熾すこと をテーマに動いてみた。

まずは、自然の中から 燃えるものを探す。倒木なんかを 身近にある道具で集める。
生き抜く力養成キャンプ
同時に、食材を集める。この時期 タケノコが旬。焚きつけ の 燃えやすい ススキの穂 なんかも収集。
 生き抜く力養成キャンプ
集まった仲間が全員、マグネシウムライター で火花を飛ばし、ファットウッド に 引火さ せ、ファットウッド の フェザースティック に移行させる。そして大事に火を育て 焚き火を盛り上げる。火を育てる研修。
N君は2秒で火を熾せる強者。他の連中はまだ経験が足りない。でも全員研修できた。

スノーピーク の 焚き火台 や、木のろうそくスウェディッシュトーチ)またの名を ウッドキャンドル という丸太の優れもんコンロに着火。
ここに、持ち寄った食材で適当に調理を始める。アルミホイルに包んだ 生サバ、それには神鍋で採れたタイムに塩をしみこませた タイムソルト を スパイスに。もう一つは 豚肉のホイル包み焼き 。さっき採れたタケノコも皮ごと丸焼きにしてみる。

スープ的な食事も始まった。とりあえず、味噌 と 水、スズノコ に サバ水煮缶。豆腐 と 油揚げ を入れて煮る


もちろん、箸もそこら辺に落ちてる枝でナイフで削って作る。
そう言えばN君、さっき 草むらで用を足してたけど手を洗ってないよね。。。。
さすが生き抜く力養成キャンプ。

ホタルイカ も追加されて味に深みが増す。お玉が無かったが、現場力を使い サバ缶がお玉に変化。
 
めっちゃ予想以上に美味い。鯖水煮 が すずのこと良いコラボする。まさに ミラクル。
生き抜く力養成キャンプ
生き抜く力養成キャンプでも 溶岩プレート がここでも活躍。ホタルイカ、鹿肉のヅケ 、ハーブとタレで味がつけてある鹿肉が プライスレス な感動。
生き抜く力養成キャンプ

焚き火は 人類のロマン である。火を囲むと不思議と気づかずに時が過ぎる。心が落ち着く。和む。
生き抜く力養成キャンプ には必要最低限のスキルでもある。
そんなキャンプを僕らは続けていく。


お問い合わせ はこちら mail ⇒ koujitanuma@gmail.com

森は命の素 、森 ・ 里 ・ 川 ・ 海 。すべてはつながっている 。森は農地も守り 川を生かし 海を養う 。
木酢液 を使って楽しく 心豊かに暮らす 。。。


里山
自然 とは、字のごとく 自ずからの然り方(ありかた)と書き、人間が何もしなくても成立する仕組みの事を言います。自然界 には この鉄分をはじめとする ミネラル循環 のあり方もそのひとつです。
数十億年単位の長い時間、鉄分・ミネラル循環 によって自然 はたいへんうまく機能していました。
いま世界中の 荒地 では、アルカリ性 が強いため、鉄分が 循環 することができずに、植物 が枯れてしまっています。鉄分 や ミネラル が全く循環してないと、植物 は育ちません。
地球 は 植物 が作り出す 化学物質の力 で、土の中の 鉄分 を溶かして、循環させる という仕組みを 数十億年前 に作り上げました。とくに 森の腐葉土 には フルボ酸 と言う 酸 が 生成 され、鉄分 が 水に溶けて 川に流れて 農地 にたどり着いたり 海にたどり着き 、海の プランクトン や 海藻、魚 などの 生き物 に 鉄分を供給 しています。動植物 が吸収できる形で溶かし 動植物の体 に吸収され、循環の輪 が繋がっていました。
じつは この妙なる仕組み が、ここ 100年 と言う 短期間 でもろくも壊れてしまったのです。
農地の お米、野菜・果物 は ミネラル不足 、海は 磯焼け の状態です。すべての生き物 は、自然界の鉄・ミネラル循環 に依存しています。
これからは、植物の研究 、森の研究 、農業分野 、畜産分野 、漁業分野で 、鉄の循環の必要性 が強く認識される時代が到来します。森の木を伐り 、新陳代謝 させることで 広葉樹の森 を蘇らせ、自然の妙なる循環 を取り戻したいと思っています。森が生き返り 、里地が繁栄し 、川がキレイにになり 、海が豊かになる 。森里川海 の繋がりが 命の循環 になる。そんな ごく当り前な事 を取り戻したい。だから を焼き 、を作る 毎日がある。
【炭焼きは世界を救う !!】【炭を焼く事で世の中を笑顔 にしたい!】
日本の国土 の2/3を占める 森林 を適正に 整備 ・利用 する事で 森・里・川・海 を守れ地域が抱えてる様々な問題 が解決する事と信じています。炭のあるライフスタイルの提案 ・ 啓蒙 を進めたいと考えます。

里山整備 、 炭 や  のこと、ストーブの事、炭焼き副産物 の事なんでもご相談ください。神鍋白炭工房

 

Facebook Comments

せやねん 2016/10/02

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

FACEBOOK PAGE

お電話なら 080-5367-5499

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

メッセージ本文

ご希望内容をチェックしてください。

炭のミクロの世界

炭

最近の記事

  1. 災害木処理
  2. 神鍋BLACK
PAGE TOP