シュレーゲルアオガエル-その鳴き声は野鳥に似ており、コロコロッという甲高い鳴き声で癒される、ただ探しても姿は見えない。

シュレーゲルアオガエル
– その鳴き声 は野鳥 に 似ており 、コロコロッ という 甲高い鳴き声 で癒される、ただ探しても 姿は見えない。
シュレーゲルアオガエル シュレーゲルアオガエル
森林整備の仕事中にどこからしか不思議な鳴き声がする。山の 谷間 に響く その声は 野鳥の鳴き声 にも似た 癒される音 。あたりを 見渡す とどうも 地面 あたりから聞こえるので カエル じゃないかなと思った。フェイスブック で 動画投稿 したら、シュレーゲルアオガエル でしょうと 教えてくださった。ありがとうございます 。

ちょっと調べてみた 。

姿の特徴 は アマガエル は 鼻 から 首筋 にかけて 黒っぽいライン があるのに対し、シュレーゲル の 顔 には 模様が無い。
シュレーゲルアオガエル は アマガエル より 口先 が 尖っている 。
近似種 の モリアオガエル との見分け方は モリアオガエルよりサイズが小さい事と モリアオガエル は 白目の部分が 赤色 なのに対し 黄色 である事。
オス 4cm前後、メス 5cm前後 鳴くのは オス で、この時期の 繁殖期 には よく鳴く。

学名 が面白いけどそれは「 シュレーゲル氏のアオガエル 」という 意味 だそうで、その名前は オランダのライデン王立自然史博物館 館長 だった  ヘルマン・シュレーゲル氏 に由来する。モリアオガエル の 姉妹種 と考えられているが 鳴き声 がぜんぜん違いますね。

http://www.hitohaku.jp/material/l-material/frog/zukan/shuregeru.html

水田 や 森林 等に生息し、繁殖期 には水田 や 湿地 、湖沼 に集まる。繁殖期 はおもに4月から5月にかけてだが、地域によって2月から8月までというバラツキもある。ふだんの 食性 は 肉食性 で 昆虫類 、節足動物 などを食べている。

繁殖期になるとオスは水辺の岸辺で鳴き。鳴き声は ニホンアマガエル よりも小さくて高く、「コロロ・コロロ…」「コロコロ・・・」「カラカラ・・・」みたいに聞こえる。地中の 小さな穴の中 で鳴く場合が多いらしく、姿を探せども声の元は 確認 できない。1匹のメスに複数のオスが集まり 抱接 する。畦、水路などの水辺の岸辺に、クリーム色の泡 で包まれた 3cm~10cmほどの卵塊 を産卵している。泡の中には 200個~300個ほどの卵 が含まれているが、土中に産卵 することも多くありあまり目立たない感じ。孵化 した オタマジャクシ は雨で泡が溶けるとともに水中へ流れ落ち、水中生活を始める そうである。

兵庫県 では、準絶滅危惧 レッドリスト の指定を受けている 。


お問い合わせ はこちら mail ⇒ koujitanuma@gmail.com

森は命の素 、森 ・ 里 ・ 川 ・ 海 。すべてはつながっている 。森は農地も守り 川を生かし 海を養う 。
木酢液 を使って楽しく 心豊かに暮らす 。。。


里山
自然 とは、字のごとく 自ずからの然り方(ありかた)と書き、人間が何もしなくても成立する仕組みの事を言います。自然界 には この鉄分をはじめとする ミネラル循環 のあり方もそのひとつです。
数十億年単位の長い時間、鉄分・ミネラル循環 によって自然 はたいへんうまく機能していました。
いま世界中の 荒地 では、アルカリ性 が強いため、鉄分が 循環 することができずに、植物 が枯れてしまっています。鉄分 や ミネラル が全く循環してないと、植物 は育ちません。
地球 は 植物 が作り出す 化学物質の力 で、土の中の 鉄分 を溶かして、循環させる という仕組みを 数十億年前 に作り上げました。とくに 森の腐葉土 には フルボ酸 と言う 酸 が 生成 され、鉄分 が 水に溶けて 川に流れて 農地 にたどり着いたり 海にたどり着き 、海の プランクトン や 海藻、魚 などの 生き物 に 鉄分を供給 しています。動植物 が吸収できる形で溶かし 動植物の体 に吸収され、循環の輪 が繋がっていました。
じつは この妙なる仕組み が、ここ 100年 と言う 短期間 でもろくも壊れてしまったのです。
農地の お米、野菜・果物 は ミネラル不足 、海は 磯焼け の状態です。すべての生き物 は、自然界の鉄・ミネラル循環 に依存しています。
これからは、植物の研究 、森の研究 、農業分野 、畜産分野 、漁業分野で 、鉄の循環の必要性 が強く認識される時代が到来します。森の木を伐り 、新陳代謝 させることで 広葉樹の森 を蘇らせ、自然の妙なる循環 を取り戻したいと思っています。森が生き返り 、里地が繁栄し 、川がキレイにになり 、海が豊かになる 。森里川海 の繋がりが 命の循環 になる。そんな ごく当り前な事 を取り戻したい。だから を焼き 、を作る 毎日がある。
【炭焼きは世界を救う !!】【炭を焼く事で世の中を笑顔 にしたい!】
日本の国土 の2/3を占める 森林 を適正に 整備 ・利用 する事で 森・里・川・海 を守れ地域が抱えてる様々な問題 が解決する事と信じています。炭のあるライフスタイルの提案 ・ 啓蒙 を進めたいと考えます。

里山整備 、 炭 や  のこと、ストーブの事、炭焼き副産物 の事なんでもご相談ください。神鍋白炭工房

Facebook Comments

せやねん 2016/10/02

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

FACEBOOK PAGE

お電話なら 080-5367-5499

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

メッセージ本文

ご希望内容をチェックしてください。

炭のミクロの世界

炭

最近の記事

  1. 災害木処理
  2. 神鍋BLACK
PAGE TOP