緑の繭-森の中にぶら下がってる綺麗な大きな緑の繭を発見。

緑の繭 -森の中にぶら下がってる 綺麗 な大きな 緑の繭 を発見。
緑の繭

ウスタビガ( 薄手火蛾 ・薄足袋蛾 )という、ヤママユガ科 のきれいな 大型の蛾 で在来の カイコの仲間 の 繭 です。

樹木に葉がある夏~秋は、この黄緑色が保護色となっていて、なかなかこの繭は見つからない。
冬になると枯れ枝に、この黄緑色で形も美しいので眼に留まりやすい。

薄い黄緑色をしていて下がふくらんだ形の逆三角形状で、木の枝から自らの糸で作った柄を繭の上部に繋いでぶら下がっている。繭には水がたまらないよう繭の下部分には穴が小さく開いている。この繭はその形から「やまかます(山叺)」とも呼ばれる。「かます(叺)」とは藁のむしろを二つ折りにしてつくった袋のことを叺(かます)といいます。

ウスタビガの名前にある「手火」とは、提灯のことで、この木にぶら下がる薄緑色の繭の姿から名付けられた。(一部では、この名は「足袋」から取ったとも言われる。)そのヤマカマスも、今ではほとんど目にすることはないくらい、ウスタビガの個体も少なくなってきているようです。


11月頃羽化するそうなので,この時期の繭の中にサナギはいない.
今回見つけたヤマカマス、サナギから羽化して役割を終えた繭は落葉とともに地面に落ちていたという事であった。


里山整備、木酢液のこと、なんでもご相談ください。
お問い合わせ はこちら mail ⇒ koujitanuma@gmail.com

 

森は命の素 、森 ・ 里 ・ 川 ・ 海 。すべてはつながっている 。森は農地も守り 川を生かし 海を養う 。
木酢液 を使って楽しく 心豊かに暮らす 。。。


里山

里山整備 、 炭 や  のこと、炭焼き副産物 の事なんでもご相談ください。

焼きは世界を救う !!
炭を焼く事で 世の中に貢献 したい!
現在の 地球環境問題 は 深刻 であります。エネルギー問題 は 重要 であり、地域で作る 持続可能型再生可能 エネルギー へのシフトは 必須 であります。日本の国土 の2/3を占める 森林 を適正に整備 ・利用する事で 森・里・川・海 を守れ地域が抱えてる様々な問題 が解決する事と信じています。地域にある 豊富な資源 を用い 地域内循環 させ 域際収支 の赤字を解消させたいと思います。エネルギー 、食料 など 域内循環 および域外から 外貨 を 取り込める仕組み が必要と思います。炭のあるライフスタイルの提案 ・ 啓蒙 を進めたいと考えます。神鍋白炭工房

Facebook Comments

せやねん 2016/10/02

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

FACEBOOK PAGE

お電話なら 080-5367-5499

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

メッセージ本文

ご希望内容をチェックしてください。

炭のミクロの世界

炭

最近の記事

  1. 災害木処理
  2. 神鍋BLACK
PAGE TOP