赤い山椒の実-割り山椒とか花椒(ホアジョウ)ともいい。山椒味噌にしたら最高にうまい。

赤い山椒の実
-割り山椒 とか 花椒 (ホアジョウ)ともいい。山椒味噌 にしたら 最高にうまい。
里山にもよく 山椒は自生 してる。

赤い山椒の実  赤い山椒の実

今の時期、山椒が赤い実になってる。 我が家の敷地でもちょうど今頃 赤くなっている。
いつもお世話になってる、ガンピーさんのお店でで赤い実の山椒を乾燥させておられた。↓

  赤い山椒の実 赤い山椒の実

この 赤い山椒の実 って、香りも辛味も強く 、熟成された 上品なものとなります。

山椒 って、葉には 極上の芳 香があり、実にはさらに ピリッとした辛味 。幹、葉、花、実など植物全体にも 芳香 を持っているんですよね。
山椒の実 の皮は土用の頃は未熟で青いのですが、夏の終わりごろに、果皮 が赤くなって、果皮だけを乾燥したものは、漢方薬 の原料としても使います。赤い頃を見過ごすと直ぐに弾けて黒い種が露出して、果皮 は茶色に枯れて香りが弱くなってしまいます。赤い実を収穫して三日ほどすると、実がはじけ始めます。一粒一粒、丁寧に果皮を手でちぎって集めて、黒い種を取り除き乾燥したものを、保存します。常温で保存すると、1年で気が抜けて香りが弱く効果がなくなりますので、冷凍保存 がオススメです。

今回の乾燥されている 赤い山椒の実 は種を包む皮の部分だけを使っておられ、花椒(ホアジョウ )といい、よく 中華材料 (香料)として使われます。マーボー豆腐 の マー とはこれの事で、空煎り してすり鉢などで粉にして使います。他には塩と混ぜて 鶏肉のから揚げ や エビの衣揚げ などのアクセントにも使いますね。市販の サンショウの粉 とは、香りも、辛さも、比較になりません。

日本料理 の場合は甘味噌 に加えて 山椒味噌 にして 田楽 等にします。ガンピー さんは 山椒味噌( 山椒みそ )を自家製造 され売り出されています。大変人気商品 だそうです。
山椒みそ 
gumpy さんという店名は 童話 の『 ガンピーさんのふなあそび 』 という作品から主人公の名前を取ったと聞きます。
—- ガンピーさん は船を一そう持っていました。その船にのってでかけると、子どもや動物たち が次々と乗り込んできます。その都度、ガンピーさんは、「○○をしなけりゃいいよ。」と注意をするのですが、あまりにたくさんのお客様でとうとう、船の中はぎゅうぎゅう詰め です。—-
ガンピーさんの船 にはどんどん 子供や動物 が乗り込んで 楽しく 繫栄 する様を願っておられる のだと思います。

そんなガンピーさんは 独自の農産加工品 をいろいろ取り組んでおられますよ。
   

http://gumpy.jp/


山椒の 一般知識
春に楽しむ若葉を「木の芽 」。筍の煮物 や 吸い物の吸口 として添えられたりします。花が咲いて「花山椒」 。青い実が「青山椒」 。秋の熟した赤い実が「実山椒 。さらに完熟して中から黒い種がはじけ出ると「割り山椒」 となる。

効果効能 としては、臭み消し や 毒消し 、また 健胃 、消炎 、利尿 、発汗 、駆虫 や 整腸作用 があり、胃腸の冷え からの 腹痛 などを和らげてくれる 効能 もあるとのこと。

但馬の 養父市八鹿町 (ようかちょう)には 世界に誇る 朝倉山椒 があります。地元農家 が大切に守り続けてきた 但馬の名産 。「朝倉山椒」 とは 養父市の朝倉 と言う場所が 原産地 であるで古くから伝わる 由緒正しい 山椒 で、香り高く 、大粒で まろやかな味 と 爽やかな香り が特徴でその 歴史は400年以上 も前から 高貴な食材 として扱われ、豊臣秀吉 や 徳川家康 にも 献上 された 超高級品 なのです。


里山整備 、木酢液 のこと、なんでもご相談ください。
お問い合わせはこちら mail ⇒ koujitanuma@gmail.com

森は命の素 、森 里 川 海 。すべてはつながっている。森は農地も守り川を生かし海を養う 。
木酢液 や 炭 を使って 楽しく 心豊かに暮らす 。。。


里山

里山整備、炭やのこと、炭焼き副産物 の事なんでもご相談ください。

炭焼きは世界を救う!!
炭を焼く事で世の中に貢献したい!
現在の地球環境問題は深刻であります。エネルギー問題は重要であり、地域で作る持続可能型再生可能エネルギーへのシフトは必須であります。日本の国土の2/3を占める森林を適正に整備・利用する事で森・里・川・海を守れ地域が抱えてる様々な問題が解決する事と信じています。地域にある豊富な資源を用い地域内循環させ域際収支の赤字を解消させたいと思います。エネルギー、食料など域内循環および域外から外貨を取り込める仕組みが必要と思います。炭のあるライフスタイルの提案・啓蒙を進めたいと考えます。

 

 

Facebook Comments

せやねん 2016/10/02

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

FACEBOOK PAGE

お電話なら 080-5367-5499

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

メッセージ本文

ご希望内容をチェックしてください。

炭のミクロの世界

炭

最近の記事

  1. 災害木処理
  2. 神鍋BLACK
PAGE TOP