鹿との共生ー伐採木の葉を食べてくれて伐採の後片付けが楽になる鹿は有難い存在かも?

鹿との共生

伐採木の葉を食べてくれて伐採の後片付けが楽になる鹿は有難い存在かも?

鹿との共生

伐採した木にはこの時期は葉っぱがたくさんついています。数日開けて現場に行ったとき、
あれ?なんかすっきりしてるな・・・。

 
鹿と共生
そうなんです、伐採した木の葉を食べに鹿が出てきたのです。この時期だからまだ葉っぱがたくさんついてるはずの葉っぱを食べてるんです。
特定の木の葉はキレイに食い尽くしてるんです。
ある意味林業のパートナーなんですよね。いままでの経験では久美浜ではこのケースが有りました。
普通では鹿の身長では届かない場所の葉っぱが食べられるので伐採は彼らにとっては好都合だったかもしれません。
鹿と共生
日本各地の今の森は、伐採されずに放置した森林が多く、樹木が大きくなって日光が地表に届かず、下草があまり生えず彼らの餌が少なくなっている。これは顕著にみられる、だから危険を冒して里地に進出してるのである。
鹿は胃袋が四つある牛と同じような消化器官をもつ、野菜のような柔らかい消化の良い植物は彼らの食性ではないのが本当の所であり、四つの胃袋を活用して反芻して繊維質な植物を繰り返し胃袋の中で消化する動物なんですよね。木の葉はもってこいの餌であったかもしれない。
好んで食べる葉と、そうでない葉があるようですね。好き嫌いをできるのはまだ食料がある証拠。彼らも食糧危機になればあたり一面の緑という緑を食いつくす習性ではある。好きなものから順番に食って次を食う習性です。だから地域地域によってその鹿の覚えたものの順番とかもあり食べる順番が違ったりもするのも面白い。

林業の仕事で伐採木の枝葉の処理が結構大変である、それが彼らの手によって助けられるのはありがたい話である。
そして今後のこの伐採地は地面に陽が射し、緑豊かな里山が生まれることで鹿との共生関係が生まれ、里地である畑に進出することが少なくなるに違いない。


木酢液のこと、なんでもご相談ください。お問い合わせはこちら mail ⇒ koujitanuma@gmail.com

森は命の素、森・里・川・海。すべてはつながっている。森は農地も守り川を生かし海を養う。
木酢液や炭を使って楽しく心豊かに暮らす。。。


里山

炭やのこと、炭焼き副産物の事なんでもご相談ください。

 

Facebook Comments

最近の投稿

せやねん 2016/10/02

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

FACEBOOK PAGE

お電話なら 080-5367-5499

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

メッセージ本文

ご希望内容をチェックしてください。

炭のミクロの世界

炭

最近の記事

PAGE TOP