溶岩プレート 使って炭火で肉を焼くと赤身の肉が美味しく焼ける

溶岩プレート 使って火で肉を焼くと赤身の肉が美味しく焼ける

溶岩プレート 溶岩
七輪での焼肉は室内ではやはり煙ってしまうので、換気扇の真下でやるならですけど、実際問題厳しい。そこで秘密兵器が登場!溶岩プレートです、じつはこれが優れもので肉を焼いても煙らない。しかも、赤身のお肉なんかが柔らかく焼けてしまうという代物。同級生で友達のO西君が作っている作品、彼は口は多少悪いがウデは非常に良い。彼が研究に研究を重ねて炭火七輪の上に乗せても大丈夫なサイズ、厚みを考えてくれたのだ。今回は彼とのコラボ企画なのだ。いざ実験をやってみた。
神鍋 溶岩

まずは初めて火を入れるときの儀式があるそうだ。いわゆるならし運転。急がずに、じっくり温度をかけてゆっくり温める。写真のように七輪の吸気の口を締めるもしくは少しだけあけて炭火の勢いを抑える。しばらくこれで加熱してやる。30分程度温めてやってここで割れなけば、だいたいこの後も割れずに使えるそうだ。

炭火 焼き肉

ここでサラダ油とか牛脂なんかを塗って、溶岩をならす。だいたいこれでOK。

溶岩プレート 溶岩プレート

脂が溶岩のプレートの中に浸みているが、ファイヤーにはならずに穏やかにいい具合に焼けている。炭火の焼け焦げた食欲をそそるものと少し違うけど、室内では煙らずにクオリティーの高い焼肉が出来る。これからの時期は炭火網焼きを楽しみたい方には少し辛抱してもらうか、屋外の庭とかに出てやってもらうしかない。

神鍋 プレート

ホルモンも試してみました。これを網焼きでやると大変な状況になるが、溶岩プレートは穏やかに焼ける。

溶岩 溶岩
神鍋 溶岩

但馬産の鶏肉も焼いてみました。塩コショウで下味をつけてみました。まずまずのお味です。写真でわかるように七輪と溶岩プレートの隙間はわずかだが、この隙間で無駄な炭の消費量も抑えじっくりと焼けて炭も長持ち。七輪の吸気空気口は全開でも大丈夫な感じ、火力を抑えたい時は吸気口を閉じる事をすればよい。

炭 溶岩プレート

ダイニングで見事に煙らずに、テーブルも付属の敷き板を敷く事で焦げずに使える。溶岩プレートで目玉焼きもいい具合に焼けるんですよね~。

”炭火" 溶岩

原木椎茸の超肉厚なのをステーキで焼いてみた。もうーーー超最高!!

溶岩プレートって極厚の鉄板的な熱の伝わり方でしかも脂分を適当に吸って焼いてエネルギーに変えている。網焼きの焼肉とは焼け具合が少し違うが、またこれはこれで楽しめてしまう優れもの。冬場の室内焼肉には是非!!ガスで溶岩プレートを使えばいいじゃん!と言う人がいます。これが炭火でやると焼け具合のクオリティーが違うんですよね~。比べたらわかります。

こんな商品を商品化に向けて試考錯誤試験中です。ほぼこれで商品化するかなって感じになってます。

商品構成(七輪+七輪専用炭+着火剤+トング+軍手+七輪用溶岩プレート+焼き網)

溶岩プレート
http://item.rakuten.co.jp/arumama/kh-lava/

Facebook Comments

せやねん 2016/10/02

2016年10月
« 6月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

FACEBOOK PAGE

お電話なら 080-5367-5499

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

メッセージ本文

ご希望内容をチェックしてください。

炭のミクロの世界

炭

最近の記事

PAGE TOP