炭窯の修復工事9/29


のクラッシックなスタイルではエンブリと呼ばれるかき出す棒が絶対必要。

親父が夜間作業で自作しています。


厚めの鉄板を三角に切ります。ガス溶断します。

  

 
鉄の棒に溶接します。光って何をしているかわかりません。

溶接完了。明日は実践で使ってみます。

——PR——
おかげさまで、神鍋白炭ご飯用の炭が大人気!
古米が…まるで新米のように”ツヤツヤ、もっちもち”と評判!
利用しかた
販売店からの声

9/19の日経新聞のHPに紹介されました。
9/13の日経新聞の夕刊に紹介されました。詳しくは神鍋白炭工房のHP

僕らの地球に負荷の少ない優しい生活、自然を愛する心…もっと広がればいいな☆ 
神鍋白工房、ロハスに炭焼き頑張ります。 

神鍋白炭工房はTwitter始めています khakutan

Facebook Comments


窯の修繕が終わり、炭焼き環境の整備をしています。

炭窯には昨日から火が入っていて、今日は炭化中。
明日が炭だしです。
明日には炭を出すんですが、精錬した炭をエンブリというひっかき棒で
炭窯から少しずつかき出します。かき出した炭は真っ赤に熾っています。
それをスバイ(土と灰の混ざったもの)をかけて消火します。

  
いったん窯の口の辺に出した炭を右側にかき寄せる場所を整備しました。
山から伐りだした杉間伐材を使って、塀を作ります。

木で作っていますので燃えないように粘土を塗ってカバーします。

スバイ(灰と土の混ざったもの)を作ります。
  
ここの工事ででた焼け土に灰を混ぜました。

明日の準備で土間も綺麗に片付けました。
 
口焚きという窯を温める時に火を焚く木は窯の前側に積んでおきます。
必要なだけすぐ使えるのと、暖かい場所で木が乾燥して燃えやすくなります。

次は煙突の細工です。
  
昨日とりつけた竹の煙突の元側をのこぎりで一部欠き煙が入る構造にします。
見事、煙が通って 大成功!!

  

小道具は帰って神鍋白炭工房で細工します。

—PR——-
最近のトピックス
9/19の日経新聞のHPに紹介されました。
9/13の日経新聞の夕刊に紹介されました。詳しくは神鍋白炭工房のHP
5/14の読売新聞に記事掲載されました。
人気漫画『美味しんぼ』に掲載 記事はこちら
日刊工業新聞に掲載 記事はこちら
神鍋白炭工房、白炭の通販へはこちら
僕らの地球に負荷の少ない優しい生活、自然を愛する心…もっと広がればいいな☆ 
      神鍋白炭工房HP
楽天ブログ:炭焼きは地球を救う…
gooブログ神鍋白炭工房の日記

神鍋白炭工房はTwitter始めています khakutan

Facebook Comments

せやねん 2016/10/02

2010年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

FACEBOOK PAGE

お電話なら 080-5367-5499

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

メッセージ本文

ご希望内容をチェックしてください。

炭のミクロの世界

炭

最近の記事

  1. 災害木処理
PAGE TOP