炭の比較燃焼実験


の比較実験をやってみた。

神鍋白工房の白炭2級品1kg VS マングローブの輸入炭1kg 

左が神鍋白炭、右がマングローブの炭 

どちらも秤で計って全く同じ質量1kg、
体積は形状が細かい分、やや神鍋白炭のほうが多く見える。


バーナーで同時に強制着火。
マングローブはパチパチと細かいものが爆ぜて…
あちちっ
写真でもはっきり判ると思いますが…マングローブは燃えてます。

白炭では有り得ない残留ガス分による燃焼です。
これでBBQをすると…もうお解かりですね。直火焼きです。
比較対象の神鍋白炭は遠赤外線の炭火焼ですね。

そして時間が40分経過

そして2時間経過

そして2時間30分経過

そして3時間経過

すでに40分経過の時点で神鍋白炭の圧勝でした。

価格がおよそ3倍超しますが、火持ちが3倍以上ですね。

今回の品質テストも、もちろん合格です。爆跳も全く有りませんでした。

↓↓ ブログランキングに参加中
いつもこのバナーを押していただき、ありがとうございます。(一日一回有効)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへにほんブログ村

Facebook Comments
2009年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

FACEBOOK PAGE

お電話なら 080-5367-5499

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

メッセージ本文

ご希望内容をチェックしてください。

炭のミクロの世界

炭

最近の記事

  1. 災害木処理
PAGE TOP