炭焼き 入門 ~ 備長炭を焼いてみよう①~

新入女子社員Aです。来週の焼き用の原木切りをしました。

今回は、材の王様とも言える、ウバメガシ(上2枚の画像)を焼くことに!

備長炭と白炭という名称がありますが、備長炭は白炭の中でも主にウバメガシを使った、最上級品のものを言うそうです(厳密な定義ではない)。

当社では、但馬地域の里山管理の過程で出る原木で主に炭焼きをするので、コナラ(左下画像)が主流になりますが、実際ウバメガシとコナラを同時に同じ窯で焼くと、ウバメガシの方がしっかり焼きしまった上質な炭になるそうです。

紀州備長炭が有名ですが、これは温暖な紀州にはウバメガシがたくさん自生しているからとのこと。

今回のウバメガシも、但馬外のエリアまで遠征した時に調達されたもの。

実際切ってみるとコナラより硬く、重いです!! 密度の高い硬い炭になりそう!

コナラと同じ窯で焼いて、仕上がりを比べてみたいと思います!

(ツルが絡まったコナラもオブジェにならないかなー、と入れてみることにしました) 

Facebook Comments

神鍋白炭工房-INSTAGRAM

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

FACEBOOK PAGE

お電話なら 080-5367-5499

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    メッセージ本文

    ご希望内容をチェックしてください。

    炭のミクロの世界

    炭

    最近の記事

    1. 災害木処理
    PAGE TOP