煙道修理-炭窯は特殊な窯なのでよく傷みます、今回は煙道を修繕します。

煙道修理
-窯は特殊な 窯 なのでよく傷みます、今回は 煙道 を 修繕 します。
窯 って、ものすごくハードな使い方なんですよね。常温 の 原材料 を窯に入れ、火を入れて、炭化温度 まで 加温 する。気圧が平常であれば 水の沸点 は100度、木の水分が100度で 沸騰 するのにそこを300度程度まで引き上げるんですから、その工程では蒸気が出まくり、木材の炭化が始まったら 不完全燃焼 の 木ガスが出る、木酢液 を含む 酸性の水蒸気 と煙が出る。
炭化中の窯の温度は300度手前ぐらい、最終工程では空気を徐々に送り込み精錬して1000度オーバーな状態になります。鉄は1000度の温度には耐久性が持ちません。断熱材を駆使してそれをカバーしています。うちの工房では、断熱、蓄熱、遮熱、耐熱という場所場所での工夫をしています。

部材も単純に高額なものばかりで構成してしまうととんでもない費用になってしまいます。ですからステンレス鋼を使う所、セラミック部材を使う所、耐火煉瓦、耐火コンクリート、耐火モルタル、セラミックブランケット、粘土等、適材適所で炭窯の構成組んでます。
今回、粘土と耐火煉瓦でつくった煙道がひどく傷んでいました。その影響も有って鉄の部分も傷みが激しく、煙道を分解解体して作りなおします。工事の現場写真はなしです。企業秘密満載なので。
煙道修理
炭窯

今回、アサヒキャスターCA-13Tと、アサヒキャスターCA-13Sという耐火性部材(耐火コンクリート)をうちます。同じような品番ですが、型枠打ち用とコテ塗り用の違いで若干性質が違いがあります。
image
それと、耐火モルタルSK34、セラミックブランケットを使います。だいたいどれも1200度以上の耐熱温度での仕様です。アサヒキャスターはすぐかたまってしまい、仕事がシビアです。ここで携帯電話がかかってきたら困るんです(笑)もちろん手もドロドロですし。

炭窯では昔は山で土と石とで作ったもんですが、耐久性はやはり悪く、しょちゅうメンテナンスしてたようです。今では耐火煉瓦、耐火モルタルなど作るケースが見受けられます。うちの窯も粘土で出来てる部分が想定外に強度が悪くおそらく酸性の煙の影響でしょう、固まっておったはずの部分がサラサラの砂状態になってました。誰も教えてくれない世界です、自分で学習して改善しなくてはなりません。おそらくこの世界では、うちは理論的にトップを走ってるはずです。いろいろ日々学習してさらにこの先進化を遂げると思います。がんばります。
炭窯


里山整備、炭や木酢液のこと、なんでもご相談ください。
お問い合わせはこちら mail ⇒ koujitanuma@gmail.com

森は命の素 、森 ・ 里 ・ 川 ・ 海 。すべてはつながっている 。森は農地も守り 川を生かし 海を養う 。
木酢液 や 炭 を使って楽しく 心豊かに暮らす 。。。


里山整備 、 炭 や のこと、炭焼き副産物 の事なんでもご相談ください。

炭焼きは世界を救う !!
炭を焼く事で 世の中に貢献 したい!
現在の 地球環境問題 は 深刻 であります。エネルギー問題 は 重要 であり、地域で作る 持続可能型再生可能 エネルギー へのシフトは 必須 であります。日本の国土 の2/3を占める 森林 を適正に整備 ・利用する事で 森・里・川・海 を守れ地域が抱えてる様々な問題 が解決する事と信じています。地域にある 豊富な資源 を用い 地域内循環 させ 域際収支 の赤字を解消させたいと思います。エネルギー 、食料 など 域内循環 および域外から 外貨 を 取り込める仕組み が必要と思います。炭のあるライフスタイルの提案 ・ 啓蒙 を進めたいと考えます。神鍋白炭工房

Facebook Comments

神鍋白炭工房-INSTAGRAM

2016年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

FACEBOOK PAGE

お電話なら 080-5367-5499

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    メッセージ本文

    ご希望内容をチェックしてください。

    炭のミクロの世界

    炭

    最近の記事

    1. 災害木処理
    PAGE TOP