作業の標準化


このところ取り組んでいる事、焼き職人の仕事をいかにスタッフに作業標準化して渡せるか。

炭焼きで一番難しい所、火付け
ここを失敗すると大変なことになる。
何度も失敗してるが、やっと社員のE君に任せれるようになってきている。

そして最終段階の精錬の見極め、ここもこのところマニュアル化しているので
任せられる感じになってきた。

最終的に出すタイミングは僕のGOサインであるが

ここ何回も僕は総監督になって触らず指示だけしてる。

  

   
     

    

最後のサンドシールを終えて、終了。
窯出し3分。危険と言えば危険。何度もOJTを繰り返します。

僕が現場を離れている時でも炭が焼かれる日は近そうである。
そんな日が来る事願ってます。
    

Facebook Comments

神鍋白炭工房-INSTAGRAM

2013年9月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

FACEBOOK PAGE

お電話なら 080-5367-5499

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    メッセージ本文

    ご希望内容をチェックしてください。

    炭のミクロの世界

    炭

    最近の記事

    1. 災害木処理
    PAGE TOP