バーク堆肥づくりワークショップ


西途謹吾メソッド・バーク堆肥づくりを
ガンピーさんのブルーベリー農園のそばでワークショップの形で行いました。

有機栽培をちゃんと行うためには、まず土作りが重要

化石燃料を使い遠方より運んだり、環境に適さないものを材料に使うのではなく

地域の廃物(循環資源)を活用し、地域に適するものを生産し、地域経済に貢献する。

今回、地元で処理にお困りだったバーク(杉・ヒノキの樹皮)を使う

西途謹吾さんのメソッド(方式)は実に合理的ですばらしいシステム
微生物をコントロールしバークを発酵させて、堆肥をつくり
種まきから育苗から施肥から畝のマルチングからオールマイティーに使える。

西途さんの実践されてる不耕起、無農薬栽培はこのバーク堆肥の活用である。
そのやり方を啓蒙・学ぶために今回のワークショップを企画した。

 
 
 
 
 
  


事前に準備してたバークの中からカブトムシの♀が出てきた。

内寸2m角の木枠を午前中に作って、そこにバークをつめて踏み固め
微生物のえさになる資材を途中にサンドイッチしまたバークを積む。

参加者の方々も和気藹々と盛り上がりました。

途中、ブルーべリーの摘み取り体験もしたり
作業が終わった後、懇親会のBBQ

 
   
 

一日、すごく楽しかったですね。

Facebook Comments

神鍋白炭工房-INSTAGRAM

2012年8月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

FACEBOOK PAGE

お電話なら 080-5367-5499

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    メッセージ本文

    ご希望内容をチェックしてください。

    炭のミクロの世界

    炭

    最近の記事

    1. 災害木処理
    PAGE TOP