大将軍スギ


配達途中に出くわした、道路わきの杉植林

植林の間隔がおよそ1m
って言うことは…間伐していない苗木を植えたままの管理放棄植林。

手前の木が傾いているのが、よくわかると思う。

各地で同じような状況はよく目にする。

間伐してないので徒長して上へ上へと競争で伸び
葉や根っこを張れない状況でのバランスがグラグラな状態。
いわばカイワレ大根みたいなかんじ。

だから風が当たる端から傾きだす。

もちろん、地面は下草がほとんど生えておらず、
保水力が低く、地滑りとかも引き起こす。

最近の河川の急激な増水も森林の状態がすごく影響してるんです。
昔は降った雨が川に流れ出すのに時間がかかった。
今は雨が降り出して数時間で増水し、すぐ警戒水位になったり…

鹿、いのしし、などの有害鳥獣の問題も
管理された里山で有れば減る。

毎年、いろんな自然災害が増えてるけど

地球はどうなってしまうのだろうか…

参考記事

Facebook Comments


今日は雨が降ったり止んだりでしたが、

朝来市和田山町のお得意先様から注文いただいたを配達しました。

軽トラ一杯満載、助手席にも2ケースほど積んで、雨除けのシートかけて。

竹田城跡を横目に見ながら山奥に配達でした。

途中、大将軍杉という郷土記念物(?)な見事なスギがありました。

 

 ←画像拡大はクリック→


良い物見た後、ストーブユーザーのお客様のガレージへ配達完了です。

Facebook Comments

神鍋白炭工房-INSTAGRAM

2011年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

FACEBOOK PAGE

お電話なら 080-5367-5499

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    メッセージ本文

    ご希望内容をチェックしてください。

    炭のミクロの世界

    炭

    最近の記事

    1. 災害木処理
    PAGE TOP