被災地を支えた薪ストーブ

2011年3月11日に発生いたしました東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた
皆様、関係者の方におかれましては、心よりお見舞い申し上げると共に
一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
——————-
このところ、関東方面からのの注文が増えている。

今日も問い合わせ電話があった。

『関東の水道水が汚染されていて死活問題なんです…』
『問題の放射性物質を白で除去できますか?』といった内容だったとおもう…。

ことらの見解としては
『学術的な根拠は実証されていません。水道水の中のいろんな物質を
白炭が吸着させるのは事実です。放射性物質はわかりません
ある程度吸着するとは思いますが完全に除去は出来ません!、
こういった事しかお答え出来ません…』というようなことでご説明させていただいた。

ある、学者さんからは炭の細孔で吸着された物質からでる放射能は炭の内部で
反射しつづけ、半減期が長いものでも閉じ込めた状態で安定するらしい。
(本当かどうか、まったくわかりません)

別な方からも
六ヶ所村の原子力関係の所からも以前、電話があり、いろんな質問を
されたことがあった。放射能を炭素でシールドする研究だったみたい。

これらが本当であれば…すばらしいですけどね。まあ僕的には信じてる仮説です。

関東方面は水の汚染がとても深刻な様子
ネットでも記事にされている。
http://news.goo.ne.jp/topstories/life/742/d2397a4442dafda42837e043da5dff19.html

ただ、今回、炭は着目されるよ!!といった声が各方面から聞こえてくる。
いろんな方に会うたびに、とか炭の時代が来た!!なんて言われる。

ありがたい話です。世の中のお役に立てれば幸いです。。。

—PR——-                          
最近のトピックス

『ガンタ村だより』のブログ が発信され始めました。
心温まります。ぜひご覧ください。

2/1情報誌スパイスに掲載されました。内容はこちら

10/29に漫画『美味しんぼ』コミックス105巻が発売しました。
人気漫画『美味しんぼ』の掲載 記事はこちら
10/10発売の雑誌『大人組Kansai11月号』に掲載されました。
9/19の日経新聞のHPに紹介されました。
9/13の日経新聞の夕刊に紹介されました。詳しくは神鍋白炭工房のHP
5/14の読売新聞に記事掲載されました。
日刊工業新聞に掲載 記事はこちら
神鍋白炭工房、白炭の通販へはこちら
僕らの地球に負荷の少ない優しい生活、自然を愛する心…もっと広がればいいな☆ 
      神鍋白炭工房HP
楽天ブログ:炭焼きは地球を救う…
gooブログ神鍋白炭工房の日記

神鍋白炭工房はTwitter始めています khakutan

Facebook Comments

大橋正伸さんのブログの記事をシェアします。

—-以下———————-

親しい友人から今朝届いたメールをアップします。
………………………………
原発で必死に闘ってくださっている隊員たちの話が届きましたので、シェアします。

皆さん
どうかお願いがあります
祈りを、皆さんの祈りを
今、福島原発で命がけで 我々の国、この日本を
国民を
あなたをあなたの
家族を救う為に懸命に仕事をしている人々がいます。

どうか祈って下さい!
作業が成功するのを!
お願いします!

自衛隊特殊化学防護隊の隊員たちは志願者です。
しかも年齢は55歳からうえ、もう子育ても終わりに近づいて思い残す事は無い
と志願者となったようです。
その様な志願者が50名

時事通信社の記事があります。
東電が全国の電力会社、協力企業に助けを求めました。
志願者です、決死隊として原発の内部作業をする原発関係者のベテランを募ったので
す。
中国電力の原発勤務40年というある男性がこの作業は自分達のようなベテランがやるべきだ、自分は定年まで後一年であるし、
子育ても終わったとして、志願したそうです。
ご家族は、静かに思いを語る、自分の夫、父親の決意に何も言えなかたそうです。
その方の娘さんは,今までと違う父のもの静かな顔を初めて見たそうです。
志願者20名
翌朝、いつも出勤する時のように。
じゃあ、いってくる。
と言って玄関を出てったそうです。

原発での作業中、放射線被爆があります。
国が定める限界被爆単位100ミリシーベルト。
それが250ミリシーベルトになりました。
何故なら、彼等が望んだからです。

100ミリシーベルトではすぐ時間が経ってしまい数分では作業ができない。
だから国に250に上げてくれと。
その為の被爆量は覚悟の上なのです。

そのおかげで昨日、あと一歩で臨界点と言う所で臨界が止まったのです。
もし臨界点に達していたら。
私達は今、この時をこの時間を過ごしていません。
家族と恋人と仲間、友人とこの時間が無かったかもしれないのです。

半径300キロ生物の生存率は、限りなくゼロに近かったんです。
今のこの時間は彼等のおかげなのです。

経営側幹部たちは我が身安泰の為、情報を小出しにし、遠く離れた東京から出てきま
せんでした。

お願いです皆さん祈って下さい!
皆さんの祈りを
作業が成功するように祈って下さい!

今日 放水作業が無事終わりました。

明日の作業も成功するように。
隊員たちが無事であるように。
祈って下さい!

どうかお願いします!
そして家族、友人、仲間、一人でも多くの方に知ってもらい祈ってほしいので伝えて下さい!
お願いします!

Facebook Comments

2011年3月11日に発生いたしました東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた
皆様、関係者の方におかれましては、心よりお見舞い申し上げると共に
一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
----------
ネットでこんなニュースがありました。

被災地を支えたストーブ
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110319/trd11031908230004-n1.htm

やっぱりストーブは電気を使わないし災害に強いですね。

—PR—
 
ペットボトルに入れて水を飲むのがひそかに人気!
ご飯用のの細いものをどうぞお使いください!

神鍋白炭工房のHP

2/1情報誌スパイスに掲載されました。内容はこちら

僕らの地球に負荷の少ない優しい生活、自然を愛する心…もっと広がればいいな☆ 
神鍋白炭工房、ロハスに炭焼き頑張ります。 

神鍋白炭工房はTwitter始めています khakutan
神鍋白炭工房、白炭の通販へはこちら

Facebook Comments

神鍋白炭工房-INSTAGRAM

2011年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

FACEBOOK PAGE

お電話なら 080-5367-5499

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    メッセージ本文

    ご希望内容をチェックしてください。

    炭のミクロの世界

    炭

    最近の記事

    1. 災害木処理
    PAGE TOP