神鍋の木苺


いつも神鍋白工房のご飯用の炭をお買い上げいただき有難うございます。

最初の処理方法をご説明します。


まずは袋を開けて、白炭を取りだします。
この炭はまだ洗浄処理しておりません。安全のため角を丸めてはあります。


洗剤等の付いていない、キレイな束子か台所スポンジの堅い側で表面の
ざらつきや汚れを落とします。


洗い終わったら最後に流水で綺麗に流しておいてください。


手鍋に水を張り、その中に入れ煮沸消毒を約3分行ってください。


そこまでで、いつでも使える状態になりました。


まれに、水分を吸収した際に割れてしまう物がありますが、
破片が落ちないか気をつけていただければ、お使いに何ら差支えは有りません。


通常通りの水加減で炊飯器に入れるだけで
いつもより一味違う美味しいご飯になります。


不純物を炭が吸着し水質を改善し、また水のクラスターを小さくするので
お米に水分が充分浸透しもっちり、ふっくらした透明感のある美味しい御飯が
炊き上がります。

———-
神鍋白炭工房のブログより
いろんな使い方を紹介
炭の使い方の記事一覧へ

———-
神鍋白炭工房のいろいろ

神鍋白炭工房の商品の紹介

神鍋白炭工房の木酢液のいろいろ
神鍋白炭工房の木灰のいろいろ
神鍋白炭工房の微粉炭

———-
神鍋白炭工房、白炭の通販へはこちら
神鍋白炭工房HP
楽天ブログ:炭焼きは地球を救う…
gooブログ神鍋白炭工房の日記

Facebook Comments


写真は少しピンボケ

今日は、得意先のホテルさんに木苺スポットが有るので行きませんか。
と誘っている場所に下見に行った。

神鍋のとある場所には木イチゴの群生が有る。
モミジイチゴクマイチゴである。

食べると結構美味しいしこれぞ本物の地産地消の素材!ということで是非紹介したかった。
常々地域の素材としてデザートやフルーツソースを作ると面白いと思っていて、
なんとか養殖も考えてはいたが…なかなか採算性が合いそうもないので…
その時期に採取する方が得策だろうと思っています。

木イチゴは1年目の木は実をつけない
2年目以上の木が実を付ける。
そしてその後数年経つと他の植物に負けてしまい無くなってしまうようだ。

宿根性の植物なので秋に根を採取して短く切って畑に植えればいいと
僕の農の師匠の西途謹吾さんから教えてもらってはいる。
でも… なかなかその作業が出来ないでいる。

ということで、木苺スポットを見に行ったわけだが
モミジイチゴはもう落ちてしまっていたり少なかった。
熊イチゴはまだ青い実だったので、これから絶好調のようである。

楽しみである。


昨年に撮った神鍋モミジイチゴの写真

—-

僕らの地球に負荷の少ない優しい生活、自然を愛する心…もっと広がればいいな☆ 
 ↓↓  (一日一回有効)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへにほんブログ村

神鍋白炭工房はTwitter始めています khakutan

Facebook Comments

神鍋白炭工房-INSTAGRAM

2010年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

FACEBOOK PAGE

お電話なら 080-5367-5499

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    メッセージ本文

    ご希望内容をチェックしてください。

    炭のミクロの世界

    炭

    最近の記事

    1. 災害木処理
    PAGE TOP