炭の比較実験3

炭の比較実験2からの続き


ここから一歩遅れてだけど、BBQ用の輸入マレーシア産マングローブが登場。

写真を見てもわかるとおり…。炎がぼおぼお!! 他の白炭との違いが一目瞭然。
臭いもガスくさい。

このあと時間を追って状態検証。

30分経過 マングローブ炭炎をあげてます。


1時間経過

温度計で火の温度測定。測定ポイントで多少の誤差はあるがどの炭も火力は同等。
神鍋白炭SuperLightが意外と想定外だったけど他より高温を出している。


1時間30分経過


2時間経過 オガ炭がやっと順調に熾りだした。神鍋白炭SuperLightは失速


2時間30分経過 神鍋白炭SuperLightは高温を出し切り失速マングローブも失速


3時間経過
神鍋白炭雑2級・オガ炭・神鍋白炭カタ2級が同等の火持ち。


3時間30分経過


4時間経過 オガ炭ほぼ終了、神鍋白炭雑2級・神鍋白炭カタ2級が頑張っている。
ここで実験終了。
最後のほうは炭の量が少なすぎて燃焼が難しく結果は参考程度。

この実験でわかったことは
白炭の精錬度が同じ程度であれば、炭素質量が同等なので
炭素1kgでの発する熱量は温度が同じなら時間も同等。

神鍋白炭SuperLightが着火が早くスタートから高温を出したのでゴールが早かった。
オガ炭はスタートが遅かったので長持ちした。
備長炭は着火が極めて難しく素人には難しいと思う。

マングローブの炭は黒炭で炭素純度が低いため持ち時間は短い。

僕個人的には手前味噌ですが…神鍋白炭SuperLightの素晴しさに惚れちゃいました。
おそらくよそに無い特徴ある商品だと思います。

炭の比較実験1に戻る

炭の比較実験2に戻る

炭の比較実験3の先頭に戻る

僕らの地球に負荷の少ない優しい生活、自然を愛する心…もっと広がればいいな☆ 
 ↓↓  (一日一回有効)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへにほんブログ村

Facebook Comments

神鍋白炭工房-INSTAGRAM

2009年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

FACEBOOK PAGE

お電話なら 080-5367-5499

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    メッセージ本文

    ご希望内容をチェックしてください。

    炭のミクロの世界

    炭

    最近の記事

    1. 災害木処理
    PAGE TOP