とち餅の作り方-神鍋名物

とち餅
親戚の叔母から、とち餅をもらいました。
神鍋高原で僕が何年か前に拾った栃の実で作ったものです。
とち餅
そこで、重要なポイント。。。このほんまもんのとち餅の独特な美味しさを作る秘密とは何でしょう? じつはアク抜きに使われる木灰なんです。
とち餅
栃の実って、そのままでは人間は食べる事は出来ないくらい苦いのです。でもじつは鹿は平気で食べてます。ですから近年栃の実は鹿に食べられてしまい取れないってのも有ります。今回のとち餅も我が工房の副産物の楢の木中心の木灰が使われています。これが独特のと餅餅の風味を出し、苦味を取ります。昔は里山が活用されの利用が主だった。木灰は各家庭に当たり前にあり、普通に山菜のアク抜きとか、いろいろ使われてきたそうです。でも、今・・・木灰が無い!!聞くところによるととち餅屋さんも木灰の調達には大変だそうで代替品の研究もかなりやられたそうですが長年の研究で行き着いた結論は。木灰に勝るものは無い!!しかも栃が生えていた地元の堅木と呼ばれる広葉樹の堅い木のもの。結局これが無いと始まらない。
堅木といえば広葉樹の堅い木で、主には楢、クヌギ、ブナなどです。

とち餅

CA390234

写真の発泡スチロール容器の中には皮をむいてしばらく山からの清水の流水につけられ下処理されたとちの実を木灰につけられた状態。この時点だけ見るとあまり綺麗なものでも無く、むしろグロテスク!でも出来上がったとち餅は不思議なくらい美味しい。自然の力はすごい。昔の人はよく考えついたって不思議です。

神鍋白工房では木の半端もので木灰をつくります。炭窯でもわずか木灰は取れますが、あくまでも副産物で量はなかなかありません。でも、神鍋白炭工房の木灰は ほんまもんなので結構人気があります。
とち餅 とち餅


とち餅

BBQ用、七輪用の炭も 煙が少なく使いやすい神鍋白炭をどうぞ。いつものBBQを白炭でワングレード・アップ!!

アーカイブ

最近のコメント

FACEBOOK PAGE

カテゴリー

炭のミクロの世界

炭
PAGE TOP