玉伐りして薪作り作業-日々の炭材作り

玉伐り割り-チェーンソーがメンテ忙しいです。
には使いづらい、大きな原木やら、炭に不向きな樹種の物、時間がたって少し乾いてしまった物、炭窯のサイズに原木をきって半端な長さの物、そして曲がってる材、節が気になる材などなど、炭に使わない物をとして商品化します。
まず薪作りするために、原木をチェーンソーで玉伐りします。大きな材を玉伐るのにも一苦労です。なぜかなのか?それは時間がたつと木が水分が抜けて締まって硬くなるのです。
玉伐り 薪
そして、地面に転げて置いてた原木は土がついたり、木の肌に石が噛んでたりしてチェーンソーが切れなくなります。堅い上に切れないので仕事が大変なのです。それに引き換え、立木は水分が有り、柔らかくて何倍も伐り易いです。
今日もチェーンソーのメンテナンスをしました。まずは目立てを、目立て10年と業界では言われます。僕もちゃんと切れるチェーンソーの目立てが出来るまで相当時間を費やしました。
チェーンソー
自分なりに習得した目立て理論が有ります。
①やすりを擦る回数をきめる。刃が例えば34個付いてて、その一つづつに対するヤスリで擦る回数は必ず同回数で行う、よく傷ついたものがあればそれに合わせて研いだ刃も削り直す。
②ヤスリをあてる角度は絶対守る、水平の角度、刃に対する角度
③適正なデプスを調整する。
④まあ、どうしても切れない刃は早めに見切りをつけて捨てる
今回もかなり使いこんで限界に来てた物を交換しました。分解した時にはエアーを吹き付け掃除もしてメンテナンスもちゃんとしてやります。
玉伐り
やっぱり新しいものに交換したら、よく切れますね。
玉伐り 薪
氷山の一角です。まだまだ工房には処理しなければならないハンパ物の原木が山積みです。。。。。
次の工程で薪割り機でガンガン割ります、日々の炭材作りが優先なのでそこまでなかなかたどりついてないです。

薪ストーブ

アーカイブ

最近のコメント

FACEBOOK PAGE

カテゴリー

炭のミクロの世界

炭
PAGE TOP